乳児院で関わり合いが深い保育士との仕事分担とは?

buntan7乳児院で働くスタッフというのは、
看護師以外にもさまざまな人がいます。

栄養士や臨床心理士、それに保育士など、
さまざまな目的によって、
専門的なスタッフが働いています。

 

このさまざまな専門的なスタッフの中でも、
看護師と関わり合いが深くなるのは、
やはり保育士になります。

 

保育士と看護師がどのような仕事上の役割分担をしているのか。
実際にはどのような関係性にあるのか。

といったことをしっかりと理解しておくことは、
乳児院で働く上ではとても大切なことになります。

 

では、実際の看護師と保育士の関わり合い、
仕事の役割分担などをチェックして行ってみましょう。

 

乳幼児の基本的なお世話をするのは、
保育士の仕事になります。

保育のプロである保育士は、
子どもの遊びの時間や食事の介助といった事をはじめとして、
着替え、授乳、お散歩、しつけといったことも行っていきます。

 

乳児院 求人

実際の母親と同じように、
乳幼児に愛情をもってお世話をするのが、
保育士です。

季節ごとの行事に合わせた行事や、
発育状況に応じた遊びなどお取り入れていくのも
保育士の仕事になります。

 

看護師は主に健康管理や体調管理に当たります。
朝の検温や健康状態のチェックなどは看護師の仕事です。

病気になってしまった乳幼児のケアや、
病気の予防などに気を配るのも看護師の仕事ですよ。

 

ただ、ケアをするにあたり、
子どもたちとの信頼関係がなければ難しい面もありますので、
保育士といっしょに子どもたちと遊んだり、
ケアをすることも多くなります。

乳児院で関わり合いが深い保育士との仕事分担とは?