乳児院での看護師の役割は、愛情たっぷりに保育する事

hoiku8乳児院で働くというのは、
あまり馴染みがないことですよね。

実際に働くと、
どのような事を行うことになるのでしょうか?

 

乳児院は実はさまざま種類があります。
乳児院に常勤医師がいる場合や、
病院に付属している乳児院の場合には、朝に回診なども行われます。

看護師は普段の乳幼児の様子などを
医師に連絡をするという役割があります。

 

嘱託医がいる場合には、日頃から健康管理を行い、
健診や病気などで嘱託医に接するときに、
その連絡役を担います。

健康管理をする上で、
食事量のチェックや、着替えや入浴時の身体チェック、
排便のチェックなども大切ですよね。

 

乳幼児は体調変化が激しいという事情もあります。
この体調管理を行うことも大切です。

また、感染症などが発症すると
あっという間に蔓延してしまいますので、
この予防も重要です。

 

子どもたちの普段の生活のケアについては、
保育士が担うことが多くなります。

お世話をしたり、遊びなどに関わるのは主に保育士ですが、
実際にお世話の中でできる体調管理や、
一緒に遊ぶことではじめて得られる信頼関係などがありますよね。

 

そのため、保育士と共に子どもと遊ぶ、
お世話をするということはとても多くなります。

保育士と共に子どもたちに愛情を注いで育てる。
これが看護師が担っている仕事になります。

 

保育士だから、
看護師だからという垣根を感じずに、
愛情たっぷりの保育を心がけることが大切ですよね。

乳児院での看護師の役割は、愛情たっぷりに保育する事

乳児院=小児科 ではないですよ

tigau1乳児院という場所は、
何かしらの理由によって保護者のもとで養育が出来ない。
という乳幼児が暮らしている施設になります。

乳幼児がいる施設というと、
何となく看護師にとっては、
NICUや小児科のようなイメージがあるかもしれません。

 

でも、この乳児院という施設は、
医療施設ではありません。

病気や怪我などのために療養が必要な乳幼児ではなく、
医療や看護が基本的には必要ではない
乳幼児が暮らしている施設です。

 

看護師が行う業務は、
この乳幼児の健康管理や体調管理を行うことになるんです。

基本的には医療を提供する
医療従事者として勤務をする。
という訳ではないんです。

 

乳児院で暮らしている乳幼児は、
本来であれば家庭で親の愛情を
目いっぱいうけて育つ時期に、親と離れて暮らしています。

そのため、乳児院で働くスタッフは、
事務的に仕事としてお世話をするのではなく、
愛情をもって接することが重要です。

 

保護者の代わりとして、
乳幼児たちにとって最も大切である愛情を注いで育てる。
ということが、看護師が行う業務としても非常に重要です。

保育スタッフと共に、
医療よりも愛情を与えてあげる。

 

これがNICUや小児科とは違う、
乳児院看護師の役割なんですよ。
この点をしっかりと理解しておきましょう。

乳児院=小児科 ではないですよ